Seeds of Resilience 1.0リリースはリリース済みであり、バックストーリーです!


After almost 1 year of Early Access and 7 years of development, Seeds of Resilience is out now. It's a 2D turn-based survival management game where you have to make a new village from scratch. The game has a special story, it was born in a time where the environment was still a forgotten issue, 6 years ago. It was the kind of time where growth was the only thing people were interested in.
チームはアントニン・デュードンとアレクサンドルで構成されています。ゲームの開発中、彼らは環境活動にも関与していました。彼らは一緒にサバイバリストの旅をし、そこで自然と調和して生きることを学びました。

グラフィックアーティストのアレクサンドルは、建設業界向けに耐久性のある木製の断熱材を製造する主な事業を展開しています。彼はそれらの材料を作るために自分で機械全体を発明し、構築しました。 アントニンは、彼の側で、エコビレッジを作り始めました。それは、弾力性があり、プラスチックを使わず、自給自足の生活を送ることで完全に構築された、約20人で作られた村です。彼の4人家族は、今後数か月のうちにここに引っ越します。インターネット接続もあります。 今日、多くのゲーム開発者は環境に関心があり、不思議に思っています。ビデオゲームは地球にとって価値があるのでしょうか?私は、アントニンやアレクサンドルのように、人々が側で行っている他の自然保護活動と排他的である必要はないことを理解できることを願っています。

You check out the game on Steam while it has a 20% discount.