サムスンはカスタムCPUデザイングループを閉鎖


According to the information obtained by Statesman, Samsung Electronics is shutting down its custom CPU design group within the company. Known for the designs of mobile SoCs like Exynos 9110, 9810 and 9820 just to name a few, it seems that there will be no more future developments of custom Exynos SoC for Samsung's mobile devices. Instead of designing its own cores, Samsung is now going to use ARM's reference A7x series of CPUs based on ARM v8 instruction set, with A76 or A77 being chosen as likely candidates for the high-performance workloads.

これまでのところ、次世代のモバイルデバイスに電力を供給することを目的とした、近日発売予定のExynos 9830 SoCのような新しいプロセッサの内部に何が含まれるかはまだ不明です。しかし、Samsung州のようなものであれば、新しいチップ内にA77のような参照ARMコアがあるはずです。 Exynos 990のような既に発表されたチップはカスタムCPUコアを使用することになっていますが、新しいExynos SoCの将来のすべてのリビジョンはARMからデザインIPのライセンスを取得します。この決定は、より高速な「Snapdragon」SoCを提供するQualcommのオファーと競合できない副産物であると思われます。サムスンはすでに米国および中国市場向けの電話でSnapdragon SoCを使用していますが、他の世界では同じモバイルデバイスを購入することでExynosと同等のものを取得しています。
Source: Statesman via WCCFTech