GIGABYTEがRadeon R9 Fury WindForceグラフィックスカードを発表


GIGABYTE finally got around to launching a Radeon R9 Fury graphics card (model: GV-R9FURYWF3OC-4GD). The company's air-cooled R9 Fury is cooled by a triple-fan WindForce 3X cooling solution, similar to the one featured on the company's GeForce GTX 980 Ti offerings. The card appears to be based on a full-length custom-design PCB by GIGABYTE, and doesn't reuse AMD's short reference-design board. This board has standard height, and the cooler features a thicker heatsink, making it a triple-slot solution. A back-plate is included.

GIGABYTEのRadeon R9 Fury WindForceには、1010 MHzコアのわずかな工場オーバークロック(1000 MHz基準と比較して)が付属していますが、メモリクロックは500 MHzで変化しません。このカードは、1対の8ピンPCIe電源コネクタから電力を引き出します。ディスプレイ出力には、デュアルリンクDVI、HDMI 1.4a、および3つのDisplayPort 1.2aコネクタがそれぞれ1つ含まれます。価格や入手可能性については言及されていませんが、GIGABYTEがSKUの推奨価格である550ドルに対してわずかなプレミアムを請求することを期待してください。