GeekBenchにフラッグシップのAMD Ryzen Threadripper 16コアチップが登場


Apparently, AMD's nomenclature of its flagship Ryzen Threadripper won't look like years-of-birth of today's gamers after all. The flagship 16-core part will bear the model name Ryzen Threadripper 1950X (and not the previously-reported 1998X). This chip was put through GeekBench 4.1.0, on an ASRock X399 Professional Gaming, paired with 16 GB of DDR4-2133 MHz memory. Whether it's dual-channel or quad-channel, is not known at this point. What is known, however, is that 2133 MHz isn't the best memory frequency for Ryzen; and paired with quad-channel DDR4-3200, one could expect the best possible performance. The 1950X was clocked at 3.40 GHz for this test, which probably is its final nominal clock speed, after all.

Ryzen Threadripper 1950Xサンプルは、4,167個のシングルスレッドパフォーマンスと、24,539ポイントのマルチスレッドパフォーマンスを記録しました。これらの数値を把握するために、「Broadwell」アーキテクチャに基づくIntel Xeon E5-2697A v4 16コア/ 32スレッドプロセッサは、シングルスレッドパフォーマンスが3,651ポイントと低い場合でも、マルチスレッドパフォーマンスで30,450ポイントを獲得します。 。おそらく、メモリのセットアップまたはSMTがThreadripperチップに最適に設定されていない可能性があります。 AMDが7月27日に発売する他のThreadripper SKUには、12コア/ 24スレッドのRyzen Threadripper 1920Xおよび1920(非X)があります。

Source: WCCFTech