AMD、2018年第1四半期に第2世代Ryzenプロセッサーのデビューを確認


At a press event, AMD confirmed that its 2nd generation Ryzen desktop processors will debut in Q1-2018 (before April). It also clarified that '2nd Generation' does not equal 'Zen2' (a micro-architecture that succeeds 'Zen'). 2nd Generation Ryzen processors are based on two silicons, the 12 nm 'Pinnacle Ridge,' which is a GPU-devoid silicon with up to eight CPU cores; and 'Raven Ridge,' which is an APU combining up to 4 CPU cores with an iGPU based on the 'Vega' graphics architecture. The core CPU micro-architecture is still 'Zen.' The 'Pinnacle Ridge' silicon takes advantage of the optical shrink to 12 nm to increase clock speeds, with minimal impact on power-draw.

AMDはまた、AMD 400シリーズの下で新世代のチップセットを発売しています。これらのチップセットについてはあまり知られていません。うまくいけば、PCIe gen 3.0汎用レーンを備えています。第2世代のRyzenプロセッサーとAPUは、iGPUを搭載したチップと搭載していないチップを明確に区別して、2000シリーズのモデル番号を保持します。どちらの製品ラインも、AMD 300シリーズチップセットに基づく既存のもの(BIOSの更新が必要)を含むソケットAM4マザーボードで動作します。 AMDは、2019年にIPCを増やす「Zen」の後継製品である「Zen2」を予約しています。「Mattise」シリコンはマルチコアCPU製品ラインを駆動し、「Picasso」シリコンはAPUラインを駆動します。 AMDは2020年までAM4を主流のデスクトップソケットとして維持する予定であるため、これらのチップは両方とも既存のAM4マザーボード上で動作します。

Source: WCCFTech